Work Records

日々の作業記録です。iPhone・androidアプリなど作っています。http://waremon.parseapp.com/

e3roid使ってみた

いちからandroidアプリを作るのは手間的にさすがに無理だろうということで、android用アプリエンジンのe3roid使ってみた。

ダウンロードはここから
https://code.google.com/p/e3roid/

使い方は、Eclipseで通常通りプロジェクトを作ってから
Property -> JavaBuild Path にいって
LibrariesのAdd External JARsで上でダウンロードしてきたe3roid.jar(exportの中にある)を追加
Order and Export でAndroid X.X(バージョン)、e3roid.jarにチェックしてOK

これで使えるようになった。

基本的な使い方はここのチュートリアルを見れば分かるし、サンプルもダウンロードできるので(ソースさえ読めば)色々と出来そう。
http://www.e3roid.com/blog/

ちょっと試した感じ、当たり前だけど自前でTexture読み込んだりとかするより全然楽。
でも、OpenGL使っている感覚が全くないので(それが良い所なのだけれど)やったった感はあんまりないかなぁ。

ちなみに、一番感心したのがデバック用の表示で、
onLoadScene内で


try {
terminal = new TerminalSprite(
getEngine().getTerminalManager(this).openDebugConnection(), this);
terminal.setAlpha(0.5f);
scene.addHUD(terminal);
} catch (Exception e) {
Toast.makeText(getContext(), "Failed to load terminal", Toast.LENGTH_SHORT).show();
Debug.e(e);
}

こんな感じでデバッグ用のterminalを作ってあげて、

Debug.d(String.format("onControlUpdate: X=%d, Y=%d", sampleX, sampleY));

とかしてあげると、画面上に指定したAlpha値でデバッグ用出力が表示されるというサンプル。

別にEclipseのLogに出力させれば良いのだけど、
実機触りつつ色々とみたい場合にはとても便利。あと何となく実行した感じがかっこいい。


ということで、もう少しいじりつつ1つくらいゲームでも作ろうかと。

自作アプリ紹介コーナー
iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 ときめきエキスプレスStation
f:id:kenjiszk:20130706222734p:plain